InternetExplorer

[IE]「「閲覧の履歴の削除」にアクセスできないようにする」で利用されているレジストリ

2017年8月8日

今回は、
[IE]「「閲覧の履歴の削除」にアクセスできないようにする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>閲覧履歴の削除

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 5.0 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Control Panel

値:
DisableDeleteBrowsingHistory(REG_DWORD)

データ:
有効:1
無効:0

となります。

このポリシー設定は、ユーザーが閲覧の履歴を削除する操作を実行できないようにします。閲覧の履歴グループ ポリシー設定の詳細については、TechNet テクニカル ライブラリの「Group Policies Settings in Internet Explorer 10 (Internet Explorer 10 のグループ ポリシー設定)」を参照してください。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーは [閲覧の履歴の削除] ダイアログ ボックスにアクセスできなくなります。Windows 8 以降では、ユーザーは設定チャームの [閲覧の履歴の削除] ボタンをクリックできません。

このポリシー設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーは [閲覧の履歴の削除] ダイアログ ボックスにアクセスできます。Windows 8 以降では、ユーザーは設定チャームの [閲覧の履歴の削除] ボタンをクリックできます。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-InternetExplorer

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.