InternetExplorer

[IE]「[表示]メニュー:[全画面表示]コマンドの使用を許可しない」で利用されているレジストリ

投稿日:2017年8月5日 更新日:

今回は、
[IE]「[表示]メニュー:[全画面表示]コマンドの使用を許可しない」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>ブラウザのメニュー

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 5.0 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Restrictions

値:
NoTheaterMode(REG_DWORD)

データ:
有効:1
無効:0

となります。

ブラウザーを標準ツール バーのない全画面表示 (キオスク) モードで表示できないようにします。

このポリシーを有効にすると、ユーザーは、[表示] メニューの [全画面表示] コマンドを使用できなくなり、F11 キーを押してもブラウザーを全画面表示にできなくなります。

このポリシーを無効にするか、または構成しない場合は、ブラウザーを全画面表示にできます。

ブラウザーを全画面表示にすると、標準ツール バーが表示されなくなり、操作に慣れていないユーザーが混乱します。このポリシーの目的は、このような混乱を防ぐことです。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-InternetExplorer

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.