InternetExplorer

[IE]「プロセスの一覧」レジストリ

投稿日:2017年6月6日 更新日:

今回は、
[IE]「プロセスの一覧」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>セキュリティの機能>スクリプト化されたウィンドウのセキュリティ制限

サポートされるバージョン:
Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl

値:
ListBox_Support_FEATURE_WINDOW_RESTRICTIONS(REG_SZ)

データ:
有効:1
無効:0

プロセスの一覧
保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_WINDOW_RESTRICTIONS

値:(例)
exmple(REG_SZ)

データ:
アクセス不可:1
アクセス可 :0

となります。

Internet Explorer は、スクリプトがプログラムを使ってさまざまな種類のウィンドウを開いたり、ウィンドウのサイズや場所を変更したりすることを許可しています。ウィンドウ制限のセキュリティ機能は、ポップアップ ウィンドウを制限し、スクリプトがタイトル バーやステータス バーがユーザーに表示されないウィンドウ、または Windows の他のタイトル バーやステータス バーと混乱するようなウィンドウを表示することを禁止します。

このポリシー設定を使うと、管理者はこのセキュリティ機能を許可または禁止するアプリケーションを定義できます。

このポリシー設定を有効にして、値 1 を入力すると、そのようなウィンドウは開くことができなくなります。値 0 を入力すると、ウィンドウにはこれらの制限は適用されません。[値の名前] は、実行可能ファイルの名前です。[値の名前] が空の場合、または値が 0 または 1 ではない場合は、ポリシー設定は無視されます。

この一覧には Internet Explorer のプロセスは入力しないでください。関係する [Internet Explorer のプロセス] ポリシーを使って IE のプロセスを有効または無効にしてください。[すべてのプロセス] ポリシー設定が有効になっている場合、このボックスで構成されたプロセスはその設定よりも優先されます。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、セキュリティ機能は許可されます。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-InternetExplorer
-

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.