InternetExplorer

[IE]「アドオンの一覧で許可されたものを除き、アドオンはすべて拒否する」レジストリ

2017年5月28日

今回は、
[IE]「アドオンの一覧で許可されたものを除き、アドオンはすべて拒否する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>セキュリティの機能>アドオン管理

サポートされるバージョン:
Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降

1.保存場所
\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Ext

値:
RestrictToList(REG_DWORD)
有効:1
無効:0

となります。

このポリシー設定を使うと、[アドオンの一覧] ポリシー設定に一覧表示されていない Internet Explorer アドオンはすべて確実に拒否されるようにすることができます。この場合のアドオンは、ブラウザーや Web ページの機能の拡張や強化を目的として記述された、ActiveX コントロールなどのコントロール、ツール バー、およびブラウザー ヘルパー オブジェクト (BHO) です。

既定では、[アドオンの一覧] ポリシー設定はグループ ポリシーを使って許可または拒否するアドオンの一覧を定義します。ただし、ユーザーは Internet Explorer のアドオン マネージャーを使って [アドオンの一覧] ポリシー設定に一覧表示されていないアドオンを管理できます。このポリシー設定はこのオプションをユーザーから効果的に削除できます。[アドオンの一覧] ポリシー設定を使って特別に許可されていない限り、アドオンはすべて拒否されると解釈されます。

このポリシー設定を有効にすると、Internet Explorer は [アドオンの一覧] ポリシー設定で一覧表示されている (許可されている) アドオンのみを許可します。

このポリシー設定を無効にするか、または構成しない場合は、ユーザーはアドオン マネージャーを使って [アドオンの一覧] ポリシー設定に含まれていないアドオンを許可または拒否できます。

注: アドオンが [アドオンの一覧] ポリシー設定に一覧表示されている場合、ユーザーはアドオン マネージャーを使ってその状態を変更することはできません (ユーザーによる管理を許可するための値が設定されている場合を除きます。詳細については、[アドオンの一覧] ポリシーを参照してください)。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-InternetExplorer
-

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.