InternetExplorer

[IE]「Internet Explorer で Flashをオフにし、アプリケーションがInternet Explorerテクノロジを使用してFlashオブジェクトをインスタンス化できないようにする」レジストリ

2017年5月25日

今回は、
[IE]「Internet Explorer で Flashをオフにし、アプリケーションがInternet Explorerテクノロジを使用してFlashオブジェクトをインスタンス化できないようにする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>セキュリティの機能>アドオン管理

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 8.0 以降

1.保存場所
\HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer

値:
DisableFlashInIE (REG_DWORD)
有効:1
無効:0

となります。

このポリシー設定は、Internet Explorer 上で Adobe Flash をオフにし、アプリケーションが Internet Explorer テクノロジを使用して Flash オブジェクトをインスタンス化できないようにします。

このポリシー設定を有効にすると、Internet Explorer で Flash がオフになり、アプリケーションが Internet Explorer テクノロジを使用して Flash オブジェクトをインスタンス化できなくなります。[アドオンの管理] ダイアログ ボックスで、Flash のステータスは [無効] になり、ユーザーは Flash を有効にできません。このポリシー設定を有効にすると、[アドオンの一覧] ポリシー設定および [アドオンの一覧で許可されたものを除き、アドオンはすべて拒否する] ポリシー設定を通じた Adobe Flash に対する設定を Internet Explorer は無視します。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、Internet Explorer で Flash がオンになり、アプリケーションが Internet Explorer テクノロジを使用して Flash オブジェクトをインスタンス化できます。ユーザーは [アドオンの管理] ダイアログ ボックスで、Flash を有効または無効にできます。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合でも、[アドオンの一覧] ポリシー設定および [アドオンの一覧で許可されたものを除き、アドオンはすべて拒否する] ポリシー設定を通じて Adobe Flash を無効にできます。ただし、このポリシー設定ではなく、[アドオンの一覧] ポリシー設定および [アドオンの一覧で許可されたものを除き、アドオンはすべて拒否する] ポリシー設定を通じて Adobe Flash を無効にした場合は、Internet Explorer テクノロジを使用して Flash オブジェクトをインスタンス化するすべてのアプリケーションでそれまでと同じくインスタンス化できます。詳細については、Internet Explorer TechNet ライブラリの Internet Explorer 10 のグループ ポリシー設定に関するページを参照してください。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-InternetExplorer

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.