InternetExplorer

[IE]「WebSocket オブジェクトをオフにする」レジストリ

2017年5月10日

今回は、
[IE]「WebSocket オブジェクトをオフにする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>セキュリティの機能>AJAX

1.保存場所
\HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_WEBSOCKET

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 10.0 以降

値:
iexplore.exe(REG_SZ)

有効:0
無効:1
  
となります。

WebSocket オブジェクトにより、Web サイトでは、WebSocket プロトコルを使用してブラウザーからドメイン間のデータを要求できるようになります。このポリシー設定により、管理者は WebSocket オブジェクトを有効または無効にできます。このポリシー設定では、Internet Explorer 10 中の別の機能を使用してドメインを通じたクライアント側の通信が抑制されません。また、このポリシー設定では、サイトがサーバーを通じてドメイン間のデータを要求することが抑制されません。

このポリシー設定を有効にすると、Web サイトでは WebSocket オブジェクトを使用したドメイン間のデータを要求できなくなります。

このポリシー設定を無効にする場合、または構成しない場合、Web サイトでは WebSocket オブジェクトを使用してドメイン間でデータを要求することができます。WebSocket オブジェクトは既定で有効になっています。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-InternetExplorer

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.