InternetExplorer

[IE]「スクリプトエラーを表示する」レジストリ

2017年4月15日

今回は、
[IE]「スクリプトエラーを表示する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>インターネットの設定>詳細設定>ブラウズ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 7.0 以降

値:
Error Dlg Displayed On Every Error(REG_SZ)

有効:yes
無効:no

このポリシー設定では、スクリプトの問題のためにページが正しく表示されないときに、スクリプト エラーを表示するかどうかを指定します。この機能は既定ではオフになっていますが、開発者が Web ページをテストする際に役立ちます。

このポリシー設定を有効にすると、スクリプトの問題のためにページが正しく表示されないときに、スクリプト エラーが表示されます。ユーザーはこのポリシー設定を変更できません。

このポリシー設定を無効にすると、スクリプトの問題のためにページが正しく表示されないときに、スクリプト エラーが表示されません。ユーザーはこのポリシー設定を変更できません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、ユーザーはスクリプト エラーを表示するかどうかを指定できます。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-InternetExplorer

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.