InternetExplorer

[IE]「Windows Search オートコンプリートを無効にする」レジストリ

更新日:

今回は、
[IE]「Windows Search オートコンプリートを無効にする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>インターネットの設定>オートコンプリート

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main\WindowsSearch

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 8.0 以降

値:
EnabledScopes(REG_DWORD)

有効:0
無効:1

このポリシー設定では、Windows Search オートコンプリートが Internet Explorer のアドレス バーに結果を表示しないように設定できます。

Windows Search オートコンプリートは、ユーザーがブラウザーのアドレス バーにアドレスを入力すると、一致する候補を表示します。この機能により、ブラウザーのアドレス バーにより関連性の高い結果が表示されます。

このポリシー設定を有効にすると、Internet Explorer は Windows Search オートコンプリートを使用してアドレス バーに関連性の高い結果を表示しなくなります。ユーザーはこの設定を変更できません。

このポリシー設定を無効にすると、Internet Explorer は Windows Search オートコンプリートを使用してアドレス バーに関連性の高い結果を表示します。ユーザーはこの設定を変更できません。

このポリシー設定を構成しないと、ユーザーは Windows Search の使用設定の有効、無効を切り替えられます。

注: このポリシー設定を有効にすると、フィードがアドレス バーに表示されなくなります。これは、お気に入りセンターを経由したフィードの購読と操作に影響を与えません。

ではでは。

-InternetExplorer

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.