InternetExplorer

[IE]「イントラネットサイトを互換表示で表示する」を変更するレジストリ

投稿日:2014年9月21日 更新日:

さて、今回はIEネタ。

Internet Explorer の互換表示設定の中で、
・イントラネットサイトを互換表示で表示する
・Microsoft互換性リストの使用
※IE11はこの2つ。
・すべてのサイトを互換表示で表示する(たぶんこんな感じだったかな。手元にIE10以前がないのでわかりません。)

ではレジストリの設定についてです。
イントラネットサイトを互換表示で表示する

こちらについては、以下のレジストリを修正
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\BrowserEmulation
にある、
「IntranetCompatibilityMode」
を変更します。
1:有効
0:無効
です。
Microsoft互換性リストの使用

こちらについては、以下のレジストリを修正
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\BrowserEmulation
にある、
「MSCompatibilityMode」
を変更します。
1:有効
0:無効
です。

すべてのサイトを互換表示で表示する
こちらについては、以下のレジストリを修正
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\BrowserEmulation
にある、
「AllSitesCompatibilityMode」
を変更します。
1:有効
0:無効
です。

ということで。
最後に

これ、レジストリではHKLMにもあるんですが挙動がよくわからなかったんですよねぇ。
とりあえず、確実なのはHKCU(ログオンユーザー)を変更する手順です。

ボタン操作自体をできなくする方法はこちらです。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-InternetExplorer
-

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.