InternetExplorer

[IE]「署名が無効であっても、ソフトウェアの実行またはインストールを許可する」レジストリ

投稿日:2017年3月5日 更新日:

今回は、
[IE]「署名が無効であっても、ソフトウェアの実行またはインストールを許可する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>インターネット コントロール パネル>[詳細設定]ページ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main

サポートされるバージョン:
Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降

値:
RunInvalidSignatures(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

このポリシー設定を使うと、署名が無効な場合でもユーザーがソフトウェア (ActiveX コントロールやファイル ダウンロードなど) をインストールまたは実行できるかどうかを管理できます。署名が無効である場合、そのファイルをだれかが改ざんした可能性があります。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーが無効な署名を持つファイルをインストールまたは実行するときにダイアログが表示されます。

このポリシー設定を無効にすると、ユーザーは無効な署名を持つファイルを実行したりインストールしたりすることはできません。

このポリシーを構成しなかった場合は、ユーザーは無効な署名を持つファイルを実行またはインストールするかどうかを選択できます。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-InternetExplorer
-,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.