InternetExplorer Windows 10 Windows 7 Windows 8.1

[IE]「64ビットバージョンのWindowsの拡張保護モードで実行しているときに64ビットタブプロセスを有効にする」レジストリ

更新日:

今回は、
[IE]「64ビットバージョンのWindowsの拡張保護モードで実行しているときに64ビットタブプロセスを有効にする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explrer>インターネット コントロール パネル>[詳細設定]ページ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main

サポートされるバージョン:
Internet Explorer 11.0 以降

値:
Isolation64Bit(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

このポリシー設定では、64 ビット バージョンの Windows の拡張保護モードで実行しているときに Internet Explorer 11 で (セキュリティの向上を目的として) 64 ビット プロセスを使用するか、または (互換性の向上を目的として) 32 ビット プロセスを使用するかを決定します。

重要: 64 ビット プロセスを使用する場合、一部の ActiveX コントロールおよびツール バーが使用できなくなる可能性があります。

このポリシー設定を有効にすると、64 ビット バージョンの Windows の拡張保護モードで実行しているときに Internet Explorer 11 で 64 ビット タブ プロセスを使用します。

このポリシー設定を無効にすると、64 ビット バージョンの Windows の拡張保護モードで実行しているときに Internet Explorer 11 で 32 ビット タブ プロセスを使用します。

このポリシー設定を構成しない場合、ユーザーは、Internet Explorer の設定を使用して、この機能の有効と無効を切り替えることができます。この機能は既定で無効になっています。

ではでは。

-InternetExplorer, Windows 10, Windows 7, Windows 8.1
-

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.