Windowsコンポーネント

[GP][IE]「安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する」で利用されているレジストリ

2016年9月25日

今回は、
「安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>インターネット コントロール パネル>セキュリティ ページ>インターネット ゾーン

2.サポートされるバージョン
Internet Explorer 7.0 以降

3.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\3
1806(REG_DWORD)

[有効]:0
[無効]:3
[ダイアログを表示する]:1

となります。

このポリシー設定では、ユーザーが (たとえば、エクスプローラーを使用してイントラネット ファイル共有から) 実行可能ファイルまたはその他の安全でない可能性があるファイルを開こうとしたときに、”ファイルを開く – セキュリティ警告” というメッセージが表示されるかどうかを制御します。

このポリシー設定を有効にして、ドロップダウン ボックスで [有効にする] を選択した場合、そうしたファイルを開くときにセキュリティ警告は表示されません。ドロップダウン ボックスで [ダイアログを表示する] を選択した場合、ファイルを開く前にセキュリティ警告が表示されます。

このポリシー設定を無効にした場合、そうしたファイルは開きません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、ユーザーがそうしたファイルの処理方法を構成できます。既定では、そうしたファイルは制限付きゾーンではブロックされ、イントラネットおよびローカル コンピューター ゾーンでは有効になり、インターネットおよび信頼済みゾーンではダイアログを表示するように設定されます。

とのことで。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windowsコンポーネント
-, ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.