Windowsコンポーネント

[GP][IE]「Authenticode 署名済みでない.Net Frameworkコンポーネントを実行する」で利用されているレジストリ

2016年9月19日

今回は、
「Authenticode 署名済みでない.Net Frameworkコンポーネントを実行する」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Internet Explorer>インターネット コントロール パネル>セキュリティ ページ>インターネット ゾーン

2.サポートされるバージョン
Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降

3.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\3
2004(REG_DWORD)

[有効]:0
[無効]:3
[ダイアログを表示する]:1

となります。

このポリシー設定を使用すると、Authenticode を使って署名済みではない .NET Framework コンポーネントを Internet Explorer から実行できるかどうかを管理できます。これらのコンポーネントには、object タグから参照された管理されたコントロール、リンクから参照された管理された実行可能ファイルなどが含まれます。

このポリシー設定を有効にすると、Internet Explorer は署名されていない管理されたコンポーネントを実行します。ドロップダウン ボックスで [ダイアログを表示する] を選択した場合、署名されていない管理されたコンポーネントを実行するかどうかを確認するメッセージが Internet Explorer によって表示されます。

このポリシー設定を無効にすると、Internet Explorer は署名済みではない管理されたコンポーネントを実行しません。

このポリシー設定を構成しない場合は、Internet Explorer は署名済みではない管理されたコンポーネントを実行します。

とのことで。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windowsコンポーネント
-, , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.