グループポリシー

[GP]「OSが生成するエラー報告のためにメモリダンプを自動送信する」で利用されているレジストリ

投稿日:

こんにちわ。

今回は、
「OSが生成するエラー報告のためにメモリダンプを自動送信する」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows エラー報告

2.サポートされるバージョン
Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、または Windows RT 8.1 のみ

3.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Error Reporting
AutoApproveOSDumps(REG_DWORD)
1:有効
0:無効

となります。

このポリシー設定は、OS が生成するエラー報告の補足としてメモリ ダンプを自動的に Microsoft に送信するかどうかを制御します。このポリシーは、サードパーティ製品が生成するエラー報告、または、メモリ ダンプ以外の追加データには適用されません。

このポリシー設定を有効にした場合、または構成しなかった場合、Microsoft Windows によってエラー報告のために生成されたメモリ ダンプは、ユーザーに通知することなく自動的にアップロードされます。

このポリシー設定を無効にした場合、すべてのメモリ ダンプは既定の同意設定と通知設定にしたがってアップロードされます。

とのことで。

う~ん。
エラー後自動通知をさせたい場合に使うグループポリシーですね。
一般ユーザーはあまり使い道がないような気もしますが。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-グループポリシー
-, , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.