グループポリシー

[GP]「変換ファイルのコピーをワークステーション上の安全な場所に保存する」で利用されているレジストリ

投稿日:

こんにちわ。

今回は、
「変換ファイルのコピーをワークステーション上の安全な場所に保存する」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.サポートされるバージョン
Windows 2000 以降

3.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
TransformsSecure(REG_DWORD)
1:有効
0:無効

となります。

このポリシー設定を使用すると、変換ファイルのコピーをローカル コンピューター上の安全な場所に保存します。

変換ファイルには、インストール中にプログラムを修正またはカスタマイズするための指示が含まれています。

このポリシー設定を有効にした場合、変換ファイルはユーザーのコンピューターの安全な場所に保存されます。

Windows Server 2003 でこのポリシー設定を構成しなかった場合、変換ファイルが使われたインストールを繰り返すには変換ファイルが必要なため、ユーザーは同じコンピューターを使うか、あるいは元のまたは同一のメディアを使って、インストールの再実行、削除、または修復を行う必要があります。

このポリシー設定は、企業で変換ファイルを故意に編集されないようにするためのものです。

このポリシー設定を無効にした場合、Windows インストーラーは変換ファイルをユーザー プロファイルの Application Data ディレクトリに格納します。

Windows 2000 Professional、Windows XP Professional、および Windows Vista でこのポリシー設定を構成しなかった場合、ユーザーが別のコンピューターを使用している場合やネットワークに接続していない場合でも、ユーザーがインストールの再インストール、削除、または修復を実行するときに変換ファイルを使用することができます。

とのことで。

う~ん。
安全な場所ってどこなんでしょう??

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-グループポリシー
-, ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.