Windowsコンポーネント

[GP]「ユーザー単位のインストールを禁止する」で利用されているレジストリ

2016年6月2日

こんにちわ。

今回は、
「ユーザー単位のインストールを禁止する」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.サポートされるバージョン
Windows インストーラー v2.0 が導入された Microsoft Windows XP または Windows 2000

2.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
DisableUserInstalls(REG_DWORD)
1:ユーザー単位のインストールを隠す
0:ユーザー単位のインストールを許可する

となります。

このポリシー設定は、ユーザー単位のインストールの構成を許可します。このポリシー設定を構成するには、これを有効に設定してから、希望の動作をドロップダウン リストから選択してください。

この設定を構成しなかった場合、またはこの設定を有効にして [ユーザー単位のインストールを許可する] を選択した場合は、ユーザー単位およびコンピューター単位でインストールされた製品の使用がインストーラーによって許可されます。インストーラーは、ユーザー単位でインストールされたアプリケーションを見つけると、コンピューター単位でインストールされた同じ製品を非表示にします。

このポリシー設定を有効にして [ユーザー単位のインストールを隠す] を選択した場合、ユーザー単位でインストールされたアプリケーションはインストーラーによって無視されます。この場合、ユーザーのプロファイルにユーザー単位でインストールされた製品が登録してあっても、コンピューター単位でインストールされたアプリケーションが表示されます。

とのことで。

う~ん。
対象が、Windows2000とXP
普通には使い道なさそうですね。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windowsコンポーネント
-,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.