Windows 10 Windows 7 Windows 8.1 グループポリシー

[GP]「更新プログラムの削除を禁止する」で利用されているレジストリ

投稿日:

こんにちわ。

今回は、
「更新プログラムの削除を禁止する」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
DisablePatchUninstall(REG_DWORD)
1:有効
0:無効

となります。

このポリシー設定で、ユーザーまたは管理者が Windows インストーラー ベースの更新プログラムを削除できるかどうかを制御します。

更新プログラムの制御を厳しく管理する場合にこのポリシー設定を使用してください。インストール後の更新プログラムがユーザーや管理者によって削除されてはならないロックダウンの環境が 1 つの例です。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーや管理者は更新プログラムを削除できません。このポリシー設定が有効でも、製品に不要になった更新プログラムは Windows インストーラーで削除できます。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、ユーザーは更新プログラムを削除する権限を与えられた場合に限り、コンピューターから更新プログラムを削除できます。これは、ユーザーが管理者であるかどうか、[Windows インストーラーを無効にする] および [常にシステム権限でインストールする] ポリシー設定が設定されているかどうか、および更新プログラムがユーザーごとに管理されているか、コンピューターごとに管理されているかに依存する可能性があります。

とのことで。

う~ん。
必要性がちょっとわかりません。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windows 10, Windows 7, Windows 8.1, グループポリシー
-,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.