Windows 10 Windows 7 Windows 8.1 グループポリシー

[GP]「Windows インストーラーをオフにする」で利用されているレジストリ

投稿日:

こんにちわ。

今回は、
「Windows インストーラーをオフにする」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
DisableMSI(REG_DWORD)
2:常に表示する
1:管理されていないアプリケーションのみ
0:適用しない

となります。

このポリシー設定を使用すると、Windows インストーラーの使用が制限されます。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーはシステムにソフトウェアをインストールできなくなるか、またはシステム管理者から提供されているプログラムしかインストールできなくなります。[Windows インストーラーを無効にする] のオプションを使ってインストールの設定を確立できます。

— [適用しない] を選択すると、Windows インストーラーは完全に有効になります。ユーザーは、ソフトウェアのインストールやアップグレードを行うことができます。これは、Windows 2000 Professional、Windows XP Professional、および Windows Vista 上でポリシーが構成されていない場合の Windows インストーラーの既定の動作です。

— [管理されていないアプリケーションのみ] を選択すると、システム管理者が割り当てた (デスクトップで提供されている) または公開している ([プログラムの追加と削除] に追加されている) プログラムのみをユーザーがインストールできます。これは、Windows Server 2003 ファミリ上でポリシーが構成されていない場合の Windows インストーラーの既定の動作です。

— [常に] を選択すると、Windows インストーラーは無効になります。

このポリシー設定は Windows インストーラーのみに影響します。別の方法を使えば、ユーザーはプログラムをインストールおよびアップグレードできます。

とのことで。

う~ん。
インストールさせるアプリを管理者の許可したものだけに制限できるというのがメリットですかね。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windows 10, Windows 7, Windows 8.1, グループポリシー
-, ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.