Windows 10 Windows 7 Windows 8.1 グループポリシー

[GP]「Flyweight Patchingを禁止する」で利用されているレジストリ

投稿日:2016年5月29日 更新日:

こんにちわ。

今回は、
「Flyweight Patchingを禁止する」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
DisableFlyweightPatching(REG_DWORD)
1:修正プログラムの最適化をオフにする
0:修正プログラムの最適化をオンにする

となります。

このポリシー設定は、すべての修正プログラムの最適化を無効にする機能を制御します。

このポリシー設定を有効にした場合、インストール時に修正プログラムの最適化のすべてのオプションが無効になります。

このポリシー設定を無効にするか、構成しなかった場合、必要のない処理の実行を削除することで、修正プログラムをより速く適用できます。Flyweight Patching モードは主に、一部のファイルまたはレジストリ値のみを更新する修正プログラムのために設計されています。インストーラーでは、修正プログラムを分析して特定の変更が行われたかどうかを確認し、最適化が可能かどうかが判断されます。可能な場合、修正プログラムは最小限の処理セットを使用して適用されます。

とのことで。

う~ん。
これ、多分必要ないと思うんだけど。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windows 10, Windows 7, Windows 8.1, グループポリシー
-,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.