Windowsコンポーネント

[GP]「再起動マネージャーの使用を禁止する」で利用されているレジストリ

2016年5月28日

こんにちわ。

今回は、
「再起動マネージャーの使用を禁止する」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
DisableAutomaticApplicationShutdown(REG_DWORD)
1:有効
0:無効

となります。

このポリシー設定によって、Windows インストーラーと再起動マネージャー間の対話が制御されます。再起動マネージャー API を使用すると、インストールまたは更新の完了に必要なシステムの再起動を行わないか、その回数を減らすことができます。

このポリシー設定を有効にすると、[再起動マネージャーの使用を禁止する] ボックスのオプションを使用して、使用中のファイルの検出動作を制御することができます。

— [再起動マネージャーをオンにする] を選択すると、Windows インストーラーが再起動マネージャーを使用して使用中のファイルを検出し、可能な場合はシステムの再起動を回避します。

— [再起動マネージャーをオフにする] を選択すると、再起動マネージャーによる使用中のファイルの検出が無効になり、使用中のレガシ ファイルの検出動作が使用されます。

— [レガシ アプリケーション セットアップの再起動マネージャーをオフにする] オプションは、バージョン 4.0 より以前の Windows インストーラー向けに作成されたパッケージに適用されます。このオプションを使用すると、このようなパッケージで使用中のレガシ ファイル検出の UI が表示されているときにも、再起動マネージャーを使用した検出を実行できます。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、Windows インストーラーが再起動マネージャーを使用して使用中のファイルを検出し、可能な場合はシステムの再起動を回避します。

とのことで。

う~ん。
このあたりも使い道がわかりません。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windowsコンポーネント
-,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.