Windowsコンポーネント

[GP]「常にシステム特権でインストールする」で利用されているレジストリ

2016年5月28日

こんにちわ。

今回は、
「常にシステム特権でインストールする」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
AlwaysInstallElevated(REG_DWORD)
1:有効
0:無効

となります。

このポリシー設定を使用すると、Windows インストーラーを使ってシステムにプログラムをインストールするときに管理者特権のアクセス許可が使用されます。

このポリシー設定を有効にすると、管理者特権がすべてのプログラムに適用されます。通常、この特権はユーザー (デスクトップ上で提供されている) またはコンピューター (自動的にインストールされている) に割り当てられているプログラム、またはコントロール パネルの [プログラムの追加と削除] で利用できるプログラム用に予約されています。このプロファイル設定を使うと、ユーザーはアクセス許可が与えられていないため表示も変更もできないディレクトリ (厳しく制限されているコンピューター上のディレクトリを含む) へのアクセスを必要とするプログラムをインストールできます。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、システム管理者から配布または提供されていないプログラムのインストール時にはユーザーの現在のアクセス許可が適用されます。

注: このポリシー設定は [コンピューターの構成] フォルダーおよび [ユーザーの構成] フォルダーにあります。このポリシー設定を有効にするには、両方のフォルダーでこのポリシー設定を有効にする必要があります。

警告: 上級ユーザーは、このポリシー設定で付与されるアクセス許可を使って特権を変更し、制限付きのファイルおよびフォルダーに継続してアクセスできます。このポリシー設定の [ユーザーの構成] バージョンのセキュリティ保護は必ずしも安全ではないことに注意してください。

とのことで。

う~ん。
このあたりも使い道がわかりません。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windowsコンポーネント
-, ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.