Windowsコンポーネント

[GP]「ソースがシステム特権でインストールされているときユーザーが参照できるようにする」で利用されているレジストリ

2016年5月27日

こんにちわ。

今回は、
「ソースがシステム特権でインストールされているときユーザーが参照できるようにする」で利用されているレジストリについてです。

1.グループポリシー
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows インストーラー

2.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
AllowLockdownBrowse(REG_DWORD)
1:有効
0:無効

となります。

このポリシー設定を使用すると、システム特権を使ったインストールを実行中に、ユーザーがインストール ファイルを検索できるようになります。

このポリシー設定を有効にすると、[機能を使用する] ダイアログ ボックスの [参照] ボタンが有効になります。この結果、インストール プログラムがシステム特権を使って実行されていても、ユーザーはインストール ファイルを検索できます。

インストールはシステム特権を使って実行されているため、ユーザーはアクセス許可が与えられていないディレクトリでも参照できます。

このポリシーが有効になっている場合でも、ユーザーのセキュリティ コンテキストで実行されるインストールには影響はありません。[新しいソースの参照ダイアログ ボックスを削除する] ポリシー設定も参照してください。

このポリシー設定を無効にするか、構成しなかった場合、既定で、システム特権で実行されるインストールの際に (デスクトップや [プログラムの追加と削除] で表示されるアプリケーションなどのインストール) 参照できるのはシステム管理者のみです。

とのことで。

う~ん。
使い道がわかりませんが。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windowsコンポーネント
-,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.