10万円以下で買えるGTX1050・MX150搭載ゲーミングノートPCのおすすめを比較【パソコン工房】【ASUS】【ドスパラ】【マウスコンピューター】|2019年版

さて、今回は、
10万円以下で購入できるGTX1050・MX150搭載ゲーミングノートPCを
・パソコン工房
・ASUS
・ドスパラ
・マウスコンピューター
から紹介します。

購入するならおすすめは


LEVEL-15FX080-i5-LNSX [Windows 10 Home]
持ち運ぶことがなければメインPCとしても、ゲームPCの入門機としてもバランスが良いので迷ったらこちらを購入すればよいでしょう。

ゲーミングノートPCに必要なスペック

まず、ゲーミングノートPCといっても価格が10万円となるため、高性能なものは選べません。
そんな中でも最低限クリアしておきたい条件についてここで前提として

CPU :4コア以上を搭載したintelおよびAMD製CPU(例:Intel Core i5-8250U/AMD Ryzen 5 2500U等)
メモリ :8GB以上
グラフィックス :GeForce GTX 1050/MX150

Intelなら4コア搭載したCore i5以上が目安

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1115762.html

【特集】GPU×CPUで考える、あのゲームのセッティング – PC Watch

こちらの記事では、デスクトップPCのCPUの違いによる性能の違いについて記載されています。

デスクトップPCのCPUである
Core i3-8100(4コア/4スレッド)
Core i7-8700K(6コア/12スレッド)
Razen 7 1800X(8コア/16スレッド)
の比較となります。

ここで面白いのは、
4コアであるCore i3-8100と6コアのCore i7-8700K、8コアのRazen 7 1800Xの値がゲームによっては全く変わらないところです。
当然ゲームタイトルによってはCore i7が良いのですが、ここでは価格を抑えつつ性能を低下を最低限におさえれる4コア以上のCPUがコストパフォーマンスがよさそうだということがわかります。

なお、ノート用CPUで4コアを採用したCore i3 モデルは、
まだ採用されている製品が少ないため目安として
Core i5
を主軸とします。

GeForce MX150ってなに?GTX 1050どっちが良いの?

続いて、ノート用専用グラフィックスである
「GeForce MX150」と「GeForce GTX 1050」についてです。

https://ascii.jp/elem/000/001/577/1577109/

ASCII.jp:ノートPCでゲームも遊べちゃう! GeForce MX150搭載PCの実力とは (1/3)

こちらを確認すると、
GeForce MX 150はもともとノート専用グラフィックスであった GeForce 940MXの後継であり、GeForce GT 1030と同等の性能を有していることがわかります。

実際、GeForce MX150を搭載したノートPCでベンチマークをしたところ、きれいな画面でぬるぬる動くといった楽しみ方は難しいですが、
出張先や旅行先でもゲームをプレイできれば画質はこだわらないといった方にはちょうどよい性能となっています。

https://www.tomoroh.net/archives/5710

【10万円以下】GeForce MX150搭載15.6インチ液晶搭載ノートPC マウスコンピューター「m-Book K690BN-S2」レビュー | Windowsレジストリ置き場

 

なお、GTX 1050を搭載したノートPCについては、

https://www.tomoroh.net/archives/3262

初めてのゲーミングノートPCにもおすすめ「NEXTGEAR-NOTE i5320GA1」レビュー【HDD・SSD両方搭載】 | Windowsレジストリ置き場

こちらでもレビューしております。

ゲームのベンチマークの結果

GeForce MX150GeForce GTX1050
DQ10ベンチマーク(1920×1080)
最高品質
11655
(すごく快適)
15839
(すごく快適)
FF14ベンチマーク(1920×1080)
最高品質
3599
(快適)
6498
(とても快適)

かなりの性能差に見えますが、DQ10などの軽量なゲームであれば十分楽しめます。
また、
どちらもFF14といったゲームもゲーム設定により楽しむことが可能です。
※ただし高負荷となる場合は遅延などが発生する可能性があります。

GeForce GTX 1050を搭載した10万円以下のノートPC

10万円以下のノートPCでGeForce GTX1050を搭載したメーカーでは、
ASUS
パソコン工房
マウスコンピューター
の3社でした。

GeForce GTX 1050を搭載した10万円以下のノートPC:ASUS

icon
icon
【OUTLET】ASUS X570ZD(X570ZD-R2500U)
icon

CPUAMD Ryzen™ 5 2500U
メモリ8GB
記憶装置SSD:256GB (SATA3接続)
HDD:1TB
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX 1050 (NVIDIA® Optimus™ Technology対応)
バッテリー駆動時間約6.4時間
重量約1.99kg

アウトレットのため、通常11万円以上するノートPCです。
しかし、主記憶装置にSSDを搭載しており、さらにデータ保存用にHDDを搭載しております。
これ1台でメインPCにもたまの持ち出しも問題ないですね。

GeForce GTX 1050を搭載した10万円以下のノートPC:パソコン工房


LEVEL-15FX080-i5-LNSX [Windows 10 Home]

CPUCore i5-8400
メモリ8GB
記憶装置250GB ⇒ 512GB [インテル SSD 660p] NVMe対応 M.2 SSD ※0円アップグレード
グラフィックスGeForce GTX 1050 4GB GDDR5
バッテリー駆動時間約4.4時間
重量約2.38kg

こちらは、デスクトップPC用CPUとデスクトップ用グラフィックスを採用しています。
CPUも4コアではなく6コアということで、
性能でいえば、ノート用CPUのCore i7と同等とみても良いレベルの性能になっています。
それが、10万円以下で購入できるというのは、素晴らしいですね。
今だけSSDの容量アップが無料というのもありがたいです。

GeForce GTX 1050を搭載した10万円以下のノートPC:マウスコンピューター


DAIV-NG5500E1 [ Windows 10 ]

CPUCore i3-8100
メモリ8GB
記憶装置HDD:500GB
グラフィックスGeForce GTX 1050 4GB GDDR5
バッテリー駆動時間約 6.0時間
重量約 2.4kg

マウスコンピューターからは、ゲーム用や通常のノートPCではなく、
クリエイター向けノートPCになります。
気になる点としては、
主記憶装置が、HDDなのが気になります。
CPUは、デスクトップ用のCore i3ということで、4コアCPUをきちんと採用しています。

GeForce MX 150を搭載した10万円以下のノートPC

こちらは、
パソコン工房
マウスコンピューター
ドスパラ
となりました。

GeForce MX150を搭載した10万円以下のノートPC:パソコン工房


STYLE-15FX062-i7-KSX [Windows 10 Home]

CPUCore i7-8750H
メモリ8GB
記憶装置240GB M.2 SSD
グラフィックスGeForce MX150 2GB
バッテリー駆動時間約5.2時間
重量約2.22kg

CPUにCore i7を搭載しつつも10万円を切るモデル。
グラフィックス性能が落ちた分CPUの性能が上がっていますね。
ただ、記憶装置やバッテリー駆動時間の点が気になるので、持ち運ぶにもメインPCにするにしても課題が残ります。

GeForce MX150を搭載した10万円以下のノートPC:マウスコンピューター


m-Book N500BD [ Windows 10 搭載 ]

CPUCore i7-8550U
メモリ8GB
記憶装置HDD 500GB
グラフィックスGeForce MX150 2GB
バッテリー駆動時間約 10.1時間
重量約2.2kg

こちらは、光学ドライブを搭載し、バッテリー駆動時間が10.1時間と長時間。
記憶装置がHDDなのと重さがちょっと残念ですが、自宅で利用するには十分な性能ですね。


m-Book K690BN-S2 [ Windows 10 搭載 ]

CPUCore i7-8750H
メモリ8GB
記憶装置SSD 240GB
グラフィックスGeForce MX150 2GB
バッテリー駆動時間約 6.7時間
重量約2.3kg

こちらは、上のモデルと比較すると光学ドライブがない代わりに記憶装置がSSDになっています。
快適性を求めるなら、絶対こちらですね。

GeForce MX150を搭載した10万円以下のノートPC:ドスパラ


Critea VF-HEKS クリテア VF-HEKS

CPUCore i7-8550U
メモリ8GB
記憶装置250GB M.2 SSD
グラフィックスGeForce MX150 2GB
バッテリー駆動時間約 7.7時間
重量約1.83kg

これはバランスが良いですね。
高速なSSDの中でもM.2 SSDを採用しており快適です。
容量が250GBと少なめですが、サブノートPCとしてなら問題ないでしょう。

おすすめは2つパソコン工房とドスパラ


LEVEL-15FX080-i5-LNSX [Windows 10 Home]
GTX 1050を搭載したノートPCならパソコン工房のこちら。
性能重視ならこちらが良いですね。
メインのノートPCを探しているならこちらですね。


Critea VF-HEKS クリテア VF-HEKS

MX150を搭載ノートPCならドスパラのこちら。
ポイントは2kgを切っており記憶装置がM.2 SSDを搭載しており、持ち運び用に1台準備するならこちらでしょう。

ではでは。

※記事の内容については、公開当時の内容であり予告なく変更となる場合があります。

当サイトおすすめランキング

DAIV/マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート

と、うれしいポイントがそろってます。

今なら、期間限定で
5000円OFF!!
※2019/1/8 11時まで

ドスパラ

ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
☑100%国内生産
☑最短即日発送、翌日到着

今だけ、最大60回まで分割手数料無料!
※2019/1/31まで

パソコン工房

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
ゲーミングパソコン
「LEVEL∞ by iiyama」
低価格なモデルからCore i7搭載モデルといろいろとあります。
CPUの性能を抑えて高性能なグラフィックボードを搭載したモデルを選べるのは、 パソコン工房のポイントです。

投稿日:

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.